三里木区  たわらや酒店  宇野功一F

1035号 2022年6月12日

(181)世界が注目する女性杜氏・今田美穂さん

  一昨年、英BBCの100人の女性2020」に日本人女性として唯一、今田美穂さんが選出されました。全国各地に日本酒を造る蔵元は約1200場あります。その中で、女性が蔵元を継ぎ、女性が日本酒を醸す蔵は、そんなに多くはありません。30場あるでしょうか?
 私は、学生時代から、東京のとある醸造(酒蔵の設計技術者)の先生のご縁で、今田美穂さんと知り合うことができました。広島酒を、たわらや酒店が発信しようと思う中で、一番にお客様に伝えたい方が、今田美穂さんであり、彼女が醸す日本酒「富久長(ふくちょう)」です。
 広島酒は三浦仙三郎翁(明治時代の醸造技術者)のおかげで、全国的な銘醸地に、広島が躍進しました。三浦仙三郎の実家は、今田美穂さんの蔵の隣にあり、三浦仙三郎流の酒づくりが脈々と受け継がれているのが、日本酒「富久長」です。まさに、広島酒の王道と言えるでしょう。
 日本酒業界はたいへん閉鎖的な環境で、男性が醸造に、長年従事してきた業界です。女性が酒を醸すことがタブーであった時代もありました。さまざまな障壁を乗り越えて、今田美穂さんのストーリーを作り上げ、醸し上げ続けており、世界が注目する女性杜氏です。
 そんな今田美穂さんが醸し出す酒は、価格以上にトータルパフォーマンスが優れた酒です。山田錦の味わいの特性を香味ともに、とても上品に、とてもエレガントに表現している酒です。純米らしい面と、吟醸らしい面、ややもすれば、大吟醸みたいな酒質があります。久々に感動した1本に出合うことができました。

『富久長 山田錦 純米吟醸』
【色】淡い薄い澄んだレモン色、琥珀色
【香】仄かに香ります。酸味をイメージさせる香り。レモンみたいな爽やかな香り。
【味】口に含むと、ジュワーっと柔らかい味わいが広がります。味蕾が、シャボン玉のようにプチプチと弾けるように香味が口の中で開いていきます。とてもバランスが整った味わいです。アフターの余韻も程よく、キレが良く、ぐびぐびと杯が進む酒です。
【合わせる料理】お魚料理と全体的に相性がよい。
【Service温度】やや冷。12〜15℃。
【価格】 1.8リットル   3,520円(税込)   720ミリリットル 1,760円(税込)

 

酒おもしろ小話(1)〜(30)  (31)〜(60)  (61)〜(89)

(90)〜(120)  (121)〜(150) (151)〜(180)

総集編へ戻る