ゴルフインストラクター 松村 浩


780号 2015年10月25日

(1)はじめまして

 皆さまはじめまして。ゴルフインストラクターの村松 浩と申します。ゴルファーの方も、そうでない方も楽しんでいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いします。

◆恋人がゴルフ
 1996年29歳の春、ツアープロを目指しアメリカに渡り、ゴルフと結婚しました。
 初めてクラブを握ったのは、熊大に通う21歳の時、先輩に連れて行ってもらったショートコース。わざと右や左に球を曲げて打っていて、それを見た先輩が驚いていたのを今でも忘れられません。
 そのことで、はまった訳ではありませんが、建築学科をやめた後ゴルフ場に就職。毎日仕事が終わったら、練習場に直行。ゴルフが恋人になりました。そして、ものにしたい一心で渡米したわけであります。

◆海外で学んだこと
 アメリカだけでなく、カナダやニュージーランドでもトレーニングをし、10人以上の現地プロとレッスンなどを一緒にしましたが、どのプロも、生徒に対して楽しませよう、自信をつけさせようという姿勢だったのが印象に残っています。
 また、アメリカのジュニアゴルファーのためのThe First Teeという団体は、Nine Core Values(9の大事な価値観)を、ゴルフを通して心の成長を育むために提唱しています。素晴らしい教育をしていると感じます。機会があれば紹介したいと思います。

  『 逆持ちドリル 』 
 クラブヘッドの方のシャフトをグリップし、片手で10回ずつ。そして両手で10回。力を抜き、手首を柔らかく使い、ピュンと音が鳴るようスピード良く振ります。両手ではローテーションがタイミングよくスパッとできないと、先端が波打ち上手く振れていないのに気づくはずです。ボディターン過多や体重移動過多で、腕振りを忘れたゴルファーたちへ届けたい。


784号 2015年11月22日

(2)プロスポーツ ゴルフ

  先日、来年度の男子ツアーの出場資格を得るためのQT(クオリファイングトーナメント)の初日観戦に、くまもと中央カントリークラブへお邪魔しました。
 QTは1st、2nd、3rd、Finalの4ステージからなり、中央CCでは3rd(全国6会場)が4日間のラウンドで行われ、95人の参加者から上位27人がFinalへ進むことができます。それほど難しくないような数字に思えるかもしれませんが、95人は猛者ぞろいで、中にはかつてのツアー優勝者も含まれ、レベルは相当高いです。
 これを勝ち上がった選手たちは、シード(賞金ランク75位以内)落ちした選手や、下部ツアーの上位選手等と6日間のFinalを戦いランキングが決まり、その上位から順に翌年のツアー出場資格を得ることができます。
 3rdを観戦した人たちは、選手たちの才能に驚きます。ですが、賞金だけで飯を食えていけるのは、その上(Final)の上(ツアー)の上のシード選手くらいです。厳しいプロの世界です。
 今回、この中央CCでの3rdに、私のかつての教え子や友人等もチャレンジしています。がんばって戦い抜いてほしいです。“Stay Tough.”

 

  『あなたはボディーターン派?腕振り派?』

 

 

 膝をついて打ってみました。ボディーターンも体重移動もほぼできません。ヘッドスピードは秒速47.2b出ました。立っても51bくらいです。私は腕振りを大事に考えます。飛距離の落ちた方、タイミングの合わない方やボールに当たらない方は、必要以上にボディーターンや体重移動をしているかもしれません。どうぞ参考にしてみてください。


789号 2015年12月27日

(3)プロスポーツ ゴルフA

 先月はツアープロの実力のすごさを、少し紹介させていただきました。

◆プロとアマで真剣勝負?
 12月6日(日)、青葉台ゴルフコンペ(場所:菊池カントリークラブ)に参加しました。ここ最近は毎年2回行われていて、一昨年の秋に初めて参加させていただいて、今回は4度目の挑戦です。そうなんです。プロのプライドをかけ、挑んだ戦いでした。
 持ちハンデ制のネット競技(そのままのグロススコアからハンデを引いたネットスコアでランキング)とはいえ、真剣にプレーして優勝したことがなく、特に初参加の時には、一緒に回ったH山さん(私と同じハンデ0)に、同コースで1イーグル6バーディーの素晴らしいゴルフを見せつけられ完敗。今回再び、同伴と組み合わせが決まってからリベンジに燃えていたという訳です。

◆ゴルフの魅力
 今回の参加者は19人。みなさんそれぞれ実力は違いますが、楽しくプレーできたと思います。ゴルフは、老若男女を問わず、一緒にプレーを楽しむことができます。実力差があれば、使うティーグランド(スタート位置)や、ハンディキャップで調整し、それぞれが手を抜かず勝負することができます。野球やテニスなど他のスポーツにはない、ゴルフの大きな魅力のひとつだと思います。
 ところで、今回私は、奇しくも1イーグル、6バーディー(67)で優勝することができました。お世話になりました。感謝。

 

 左側の素振りも、ケガ予防のためにしっかりとしましょう。
 ジュニアは特に。


793号 2016年1月31日

(4)プロスポーツ ゴルフB

 2016年が明けて、はや、一ヵ月がたとうとしています。皆さまにおかれましては、今年のゴルフ目標を決めて励んでいらっしゃることと思います。私は、「80を叩かない」ことを、ここ数年続けて目標に掲げております。ですが、その目標は1月2日に打ち砕かれてしまいました。スコアは83。高校の同窓コンペということで力み過ぎたのが一番の原因。早くも来年が待ち遠しく思えます。
 ところで、今年新たにゴルフを始めてみようと思っている方もいらっしゃると思います。季候の良くなる春にコースデビューするなら、この寒い時期に、家の中にこもらず外に出てがんばって練習を始めてみましょう。


 コースに出れば、ボールを打つ以外にやるべきことや、気をつけなければならないことがたくさんあります。ルールやマナーを守ることはもちろん、人の近くで、また人に向けての素振りや、プレーする人の前に出る等の危険な行為はしない。自分の番になったらすぐに打つ、などなど細かいことがたくさんあります。ですから、ある程度ボールをヒットできた方がコースで楽しめるというわけです。
 まずは短いクラブで短い距離のショットから始めてください。いきなり大きいクラブで大振りをすると力んでしまい、バランスや格好の悪いスウィングになってしまいます。
 写真は77歳の女性です。力みがなく、すばらしいバランスのフィニッシュです。向上心を持ち、努力を重ねてきた成果が出てきました。目指すはエイジシュート(自分の年齢以下のスコアで回ること)。さあ、私も目標を決め直して、がんばります。本年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


797号 2016年2月28日

(5)結果オーライ?

 2月7日(日)に、くまもと中央カントリークラブに行ってきました。「ゴルフを通して、みんなが元気になるような集まりを作りましょう」そんな思いの方々と、楽しい一日を過ごせました。
 その集まりの活動などについては、今後の機会に紹介させていただきたいと思います。
 さて、その日のラウンド、前半は凍ったグリーンに手を焼きました。アプローチもパターも距離がつかめず、みんな苦労をしましたが、それも楽しかったです。中盤からは凍りも溶け、ゴルフにはもってこいの穏やかな天気になりましたが、今度は力が入り過ぎてうまくいかない。それでも楽しかったです。
 写真は、運良くぎりぎり池の縁で止まったボールを打つKさん。足の半分は池にかかっています。この後?「安心して下さい。落ちませんでした」。ミラクルショットでナイスパーでした。
 ところで、先日アメリカツアーで、松山英樹選手が見事な優勝を飾りました。惜しくも敗れたR.ファウラーは、残り2ホールのところで2打のリードがあったものの、ドライバーショットが転がりすぎて池に入り、松山に並ばれ、プレーオフで悔し涙をのみました。
 皆様は、ゴルフをいかがエンジョイされていますか。うまくいかなかったのを何かのせいにしたりしていませんか。また、距離を測らず打ったり、フェースに芝がついたまま打ったり、結果オーライを求めた「たまさかゴルフ」をやり続けていませんか。打つ前には良い準備をし、そして実行することが大事だと思います。一回一回の結果がどうであれ、その積み重ねで、ちゃんとした自分の物差しができ、上達に繋がっていくのではないでしょうか。
 R・ファウラーは、あのホールでは最善の準備、最高のショットをしました。運悪く池に落ち勝利は逃しましたが、キラキラ光る物差しを手に入れ、もっと大きな勝利につなげていくのではないかと思います。
 はてさて、その日の私のスコアといえば74。錆びた物差しで頑張りました。「あら、言い訳?」


801号 2016年3月27日

(6)シーズン到来

 ゴルフ場も練習場も急ににぎやかになってきました。冬眠ゴルファーも目を覚ます春、待ちに待ったゴルフシーズンの到来です。
  桜の花も咲き、ゴルフ場も緑に色づき始め、新しい恋の予感の新学年がスタートする学生時代の記憶と重なってか、一年でいちばんドキドキ、ワクワクの時期であります。
 私が指導しているジュニア生で1番の年長組は、男女ひとりずつ高校に入学します。彼らの成長を大いに期待しております。ゴルフは人間性が大切だと思います。学校や家庭での取り組み、また例えば友達づきあいなどをおろそかにすると、胸を張って1番ホールのティーグランドには立てないのではないでしょうか。自信を持ってプレーできるよう、どんなことに対しても真摯(しんし)に取り組んでもらいたいと思います。かく言う私も、猫背で小さくプレーをしておりますが(後ろ指をかわしながら)。
 話は戻りますが、この時期は、何といってもマスターズ(4大メジャー選手権大会のひとつ)がとても楽しみです。世界の名選手(マスター)たちがオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで名誉をかけ腕を競う、ゴルフの祭典といわれる華やかなトーナメントです。必ず生放送で見ます。いつか、いつか行ってみたいと思いながら!

 
   『オンプレーンに振る』

 

 腕を振りやすくするためには、肩の回転の仕方も大切です。水平に回そうとしている方がほとんどで、それでは、縦に振る腕とに差がありすぎます。肩の回転面は皆さんが思われているより縦です。腕もしなやかに振りやすくなり、写真のようにフォロースルーでは両腕が伸び、頭とクラブヘッドは反発し合い、大きさもスピードも上がります。バランスも良いので、再現性も高い。すなわち身につけば、飛んで曲がらない!


806号 2016年5月15日

(7)ゴルフ=ゲーム?

 去る3月26・27日、栃木県の烏山城カントリークラブで行われた『石川遼カップ決勝大会』主催:日本ジュニアゴルフ協会(JJGA)に次男坊と行ってきました。
 小学5年生で最後の大会、68人中51位、スコアは89、87(トップは72、72)とあまり良くありませんでしたが、6年生をもしのぐ飛距離で、初めての全国大会を2人で楽しむことができました。
 会場の烏山城CCは、9月末から「日本女子オープン」も開催されます。名匠と呼ばれる井上誠一氏により手がけられ、とてもきれいで、難しいコースです。次男坊にとりましてはまさに難攻不落の城。罠にはまらずベストコースを見つける賢い戦略と、砲台グリーンの端に切られたピンを思い切って攻める度胸と技術が必要です。そういう意味では、ゴルフは子どもたちの好きなゲームと同じです。各ステージの罠や敵をかいくぐり、いかに18ステージをクリアするかの楽しいゲームです。
 このゲーム、老若男女それぞれの力に応じ攻略方法はさまざま。誰でも楽しむことができます。さあ、シーズンです。あちこちのゲーム会場に出かけてみましょう。また、やったことのない方、このゲームやってみるとハマるかもしれませんよ。私は止められなくなってしまいました。あ、これが本当の罠?

 

 ラウンドで、100点満点の内容を求めず、常に60点を目指し取り組むと、力まず、過信せず、無理な攻撃もせず、ケガもしないのでスコアも上手くまとまります。


811号 2016年6月19日

(8)がんばろう熊本!!元気に営業中

 このたびの熊本地震により被害を受けられた皆様に、謹んでお見舞いを申し上げます。
 4月14日と16日の2回の大きな揺れで、いくつものゴルフコースが甚大な被害を受けました。阿蘇グランヴィリオホテルの社員の方は、駆けつけた時、天井じゅうから大量の水が滝のように流れ落ちる状況に、言葉を失ったそうです。ですが、幸い客室は被害を受けていなかったこと、温泉も大丈夫だったということで、地域の方に温泉を開放し、各地からの被災地支援の方々に、お部屋を提供されたということです。
 実は私はこちらのホテル(当初阿蘇プリンスホテル)の元社員。オープンした翌年の1991年、24歳の春に入社しました。ゴルフ雑誌に載っていた海外のリゾート地を思わせる写真に一目惚れし、求人はないかと問い合わせ、時給650円の皿洗いのバイトならあるということで、喜び勇んで履歴書を持っていきました。すると、トントン拍子で新卒採用。時はバブル経済の真っ只中、関西などからツアーでお客様がわんさか。東・西の2コース(36ホール)も、ホテルのお部屋もいっぱいでした。ところが、1ヵ月の研修を受け、滋賀県にあるゴルフ場に異動を命じられました(悪いことはしていないのに。笑)。なんだか初恋の人と付き合い始めたのに、すぐに遠距離恋愛になったような心境…。
 もう四半世紀も前のこと、たくさんはありませんが、とても大切な思い出があり、そして、思い入れのあるホテル。今の松岡支配人は滋賀県にいるときからの旧友。今年の1月に就任したばかりで、この震災に直面。与えられた試練に、社員の方たちと一丸となって「がんばろう熊本!!元気に営業中」

 先日、「今だけの特別企画!1泊1プレー2食付き(朝食・夕食)、お一人様料金9,800円(税込、サ込、温泉付き)」にレッスン生の皆さんと行ってきました。本当に楽しい時間を過ごすことができました(写真)。ありがとうございました。
 いまだ復旧の見通しも立てることができない大きすぎる被害を受けたゴルフ場があります。どうか前を見て、ひとりひとりが明るく健康で過ごすことができますよう、心よりお祈り申し上げます。


815号 2016年7月17日

(9)熱中症、UV対策を

 三重県の津カントリー倶楽部で行われたジュニア西日本決勝大会(7/1練習日、7/2〜3本戦)は、梅雨の合い間の酷暑の3日間でした。
 小学男子の部で出場できた次男に、3日間、全ホール歩いて、ついて回りました。小学生はカートにゴルフバッグを乗せ、自分たちもカートに乗りながらプレーができますが、中高生は男女とも、バッグを担いだり、手押しカートに乗せて、歩いてプレーします。夏場はとても過酷です。初日は熱中症で1人が棄権しました。クラブハウスに戻っても嘔吐が止まらなかったそうです。他に1人、嘔吐と鼻血が止まらず、それでも氷で冷やしながらプレーを続けた子もいたそうです。2日目はスタート前に2人が体調不良で棄権しました。
 本当に危険です。ゴルフに限ったことではありませんが、暑い夏場は、しっかりと睡眠をとり、ちゃんとした朝食、水分・ミネラルはこまめに補給が大事。そして、冷房の効いた室内で一日過ごすのではなく、外でゴルフの練習をするなど適度に汗をかくことがよろしいかと思います。
 ところで次男の成績は、25人中20位とあまり振るいませんでした。しかし大会を含むこの旅全体から、親子で得難い経験を積ませていただき、今後がますます楽しみであること間違いなしです。
 それから、熊本に帰って数日後、阿蘇で一般生徒さんのコースレッスン(9ホール)を行いました。曇っていて暑さも強く感じなかったので、日焼け止めを塗らなかったら、さあ大変、腕が真っ赤になってヒリヒリと困ってしまいました。三重での暑い3日間は気をつけて塗っていて大丈夫だっただけに油断がありました。反省!

●ラウンド前のルーティーン!
@アプローチ(20分) グリーン周りから。25ヤードなど。
Aショット(20分)   短いアイアンからドライバーまで、順に数本。最後数球は、短い距離を。
Bパター(20分)    5m・10m・15mなど。最後は1mを3球決める。
●スタート前、ショットの確認
 スウィングを変えたりせず、テンポに気をつけるだけ。


819号 2016年8月21日

(10)112年ぶりに復活した五輪ゴルフ

  「112年ぶり? な〜ん、ワシどもぁ、毎回やりよるばい」そのゲームは、毎ホール、グリーン上で行われ『オリンピック』と呼ばれ、メダルは金銀銅のほかに鉄、ダイヤモンドもあり、すべてゲットするとグランドスラム。誰が考えたか、海外でもあるのか、初心者も楽しめるおなじみのお遊びです。このオリンピックの他にもスコア以外のお遊びがたくさんありますが、もちろん遊び過ぎはいけません。(気になる方はネットで調べてね)
 さて、リオ五輪でのゴルフ競技・男子の部は先日、イングランドのJ.ローズが、今年の全英オープンチャンピオンH.ステンソンを抑え、4日間で−16のスコアで金メダルをゲットし幕を閉じました。日本勢は池田勇太(−3で21位タイ)、片山晋呉(+8で54位)と健闘しましたが、メダルには程遠い成績でした。技術や戦術で埋められない、外国人との体格やパワーの差は、かなり大きいです。

 初心者の方や、正しいスウィングに直したい方へ、コアとなるスウィングを紹介します。ぜひ身につけてください。(ピッチングウェッジで40〜50ヤードが目安)

@体はKの反転した型。両腕とクラブはYの形。

A上半身から始動。両腕と胸を同調させてテイクバック。

B上半身を残して、下半身から始動。

C肩・腕・手首の力を抜きましょう。

Dアドレスの再現ではありません。動き続けます。

E腕が伸びるようにするためには、腰は左、頭は右。

F両膝を締め、腰・胸・顔もターゲットに正対する。静止。


823号 2016年9月18日

(11)ヤーデージブック

 9月12日(月)、群馬県高崎駅から東京行きの新幹線に乗って、この原稿をしたためております。隣には次男坊が、初めて乗る新幹線に、少々興奮気味に座っております。
  昨日まで、サンコー72CCで行われたジュニアの全国大会(JJGA主催)出場のために、今回もまた二人旅。今は家路といったところです。
 さて、その次男坊、2日間トーナメントの初日は、75の好スコアで10位について期待を持たせましたが、最終日は後半に46と大崩れしてしまい、トータル85で、2日間160はトップの141から遠く離れ、27位に終わりました。しかし、練習日に行われたドラコン大会では、小学男子の部で優勝し、見事日本一の栄冠を手にすることができ、はるばる群馬まで行ったかいがありました。
 ところで、この大会に向けて私が準備したものがあります。それはヤーデージブック、いわゆるコースガイドです。
 皆さんも、トーナメント中にショットに入る前のプロが、何やら手帳みたいなものを確認しているところをテレビなどで見たことがあると思います。
 写真は、パソコンでGoogle Earthを使い、ホールのレイアウトや、距離を測って記入した手作りのヤーデージブックです。ピンやティーマークはその日によって位置が変わりますので、グリーンのフロントエッジやティーグランド最後部エッジから、目印になる木や、バンカーのエッジ、池の淵などまでの距離を、またドッグレッグホール(曲がったホール)ではティーショットの方向と距離がとても大事ですので、狙い目をメモしておきます。練習ラウンドでは、さらに詳細を書き込んでいきます。
 皆さんも、ホームコースのヤーデージブックを自分の手で作ってみてはいかがでしょうか?戦略を組み立てやすくなりますし、自分の番手ごとの飛距離をはっきりと知ることができます。
 ところで、私が苦労して作ったヤーデージブック、野生の勘に頼る次男坊には、まさに豚に真珠。早々とバッグにしまいこまれていました。


826号 2016年10月16日

(12)シーズン到来

 気候も良くなり練習場にも人が増え、賑やかになってゴルフシーズンの到来を感じさせます。国内男女のプロツアーもビッグトーナメントがつづき、先日の女子オープンでは、17歳のアマチュア畑岡奈紗さんが優勝するという快挙を成し遂げ、驚かされました。他のアマチュア選手も10位以内に2人も入り、女子ツアーはこれからますますの盛り上がりが期待されます。一方、男子ツアーはいまひとつ欠ける人気を、石川 遼選手の復活Vで人気復活の兆しです。
 その男子ツアーの方たちが、地震後の小学生たちに元気を与えるため、菊陽町に来てくれたのは皆様もご存じかと思います。8月21日夏休み最後の日曜日には、青木 功会長はじめ、宮里優作選手会長や宮本勝昌プロなど。9月26日には菊陽南小学校に石川 遼プロが来てくれて、スナッグゴルフ教室で子どもたちを楽しませてくれました。
 どちらも、今シーズン大活躍で熊本に元気を与え続けてくれている重永亜斗夢プロと、永野竜太郎プロが声を上げたお陰で実現できたイベントだと聞きました。たくさんの子どもたちが元気に、そしてちょっぴりミーハーな大人たちも元気になりました。南小では、鉄腕アトムの替え歌で石川プロと亜斗夢プロに子どもたちがエールを贈り、涙が出そうなくらいお二人は感動したそうです。反対に子どもたちに元気を与えてもらったようですね。

  正しいフェースアングルは?

       

 ボールを上げようとしてしまうため、無意識にフェースを開いて、右に弱々しいスライスが出るのが、ゴルフあるあるです。
 スナッグゴルフのようなヘッドの大きいランチャー(アイアン)だと分かり易いのですが、デリバリー(右腰高さ)でフェースがボールを向くように、左手の甲は地面を向くように手首を丸めるようにします(写真これよりもっと左手を丸め込む感じ)。
 フォローでは、リリースした後なので逆に手の甲側に折れます(写真堰j。力強い球がまっすぐ出て、スピンも効き、球持ちが良く(滞空時間が長く)なるでしょう。


831号 2016年11月20日

(13)ジュニアもシニアも熱い熊本

   

11月3日文化の日、「あつまる阿蘇赤水ゴルフ倶楽部」において熊日学童五輪ゴルフ大会がありました。「えっ!?ゴルフもあるの?」とよく驚かれますが、有り難いことに毎年開催されています。
 今年の参加者は高学年(小4〜小6)の男・女と低学年(小1〜小3)の3部門。全体で33人。他のスポーツ同様、親も子も一生懸命の学童五輪。晩秋の少し肌寒い阿蘇で、熱い戦いが繰り広げられました。
 うちの次男坊(小6)も最後の出場。気合十分で臨みましたが、スコア81で3位となりました。ただ、男子部門の参加者は9人のみ。そのうち3人はわがスクール生。少し寂しい参加人数でしたので、来年度に向け、ゴルフを楽しむ子どもたちをもっと増やしたいと強く思いました。
 そこで始めたのが、ほぼゴルフのような『スナッグゴルフ』です。野外でも室内でも、そして小さなお子さんでもできるスナッグ。商工会の「まち遊び」などの体験会では、まだまだ集まりは少ないですが、地道に続けていきたいと思います。
 ところで、スクール生の禮子さんがついに『エイジシュート』を成し遂げました。おめでとうございます。禮子さんは10月23日コスギリゾート阿蘇ハイランドを77で回りました。エイジシュートとは自分の年齢以下のスコアで回るという、ゴルファーの夢の一つです。ゴルフを楽しみ、続けてこられた成果だと思います。本当におめでとうございます。
 シニアゴルファーの皆さまも、エイジシュートをぜひ目標に掲げてみてはいかがでしょうか。そんな目標を持つことで日々の暮らしにも元気が出てくるのではないかと思います。ファイトー!いっぱーつ!!


836号 2016年12月25日

(14)冬眠ゴルファー

 今回は、とても危険な「ゴルフ中の突然死」を取り上げたいと思います。ゴルフは生涯スポーツといわれ、体に優しく、歳を取ってもできるスポーツです。ですが、実は突然死危険率の高いスポーツなのです。1991年の資料によると40〜59歳では、ランニングの突然死危険率の0.6倍ですが、60歳以上では、なんと7.9倍になっています。脳卒中や虚血性心疾患が多いということです。
 冬の寒い日は、血管が収縮し、緊張も伴うゴルフであれば血圧も急上昇し、血管にすごく負担をかけます。そして、暖かいクラブハウスからコースに出た時の血圧の急上昇(ヒートショック)も大変危険です。さらに、水分の摂取量も不足がちになり、血管にとっては悪条件が重なります。私の個人的な意見ですが、60歳くらい以上で、生活習慣病の方は、冬眠ゴルファーを決め込むのも良いかと思います。そうでない方も、リスクは0ではありません。以下のことを心掛けましょう。

@体調を万全に整える。睡眠不足、病中病後は避ける。
A防寒対策を考え、気温に対応した服装で。
B準備運動をしっかりと。いきなりゴルフをしないで、体を運動に慣らす。
C水分補給をしっかりと。一度に取らずこまめに取り、ミネラル分も忘れずに。
D取ると脱水を起こすので、アルコールは禁止。
 ご心配な方は必ずお医者様へご相談ください。

 ある日のレッスンで聞かれました。「えっ? 脇は締めないといけないんじゃないんですか?」
 両脇にモノを挟んで、ボディーターンや体重移動を過剰にやりすぎ、スピードもなく小さなスウィングのゴルファーがあまりに多いです。小さいクラブはそこそこ飛びますが、大きいクラブは全く飛びません。原因は雑誌のレッスン内容のうのみや、スクール指導などが挙げられます。左腕一本で素振りをすると分かります。脇を締めるにはかなり無理な力が必要です。フォロースルーは、脇をガバッと開けて大きく!

 火の国ゴルフスクール −HEROES−
  http://hinokunihgs.com/
 ★ホームページをリニューアルしました★


839号 2017年1月22日

(15)寒いけど工夫して

 常夏のハワイでのPGAツアーを、うらやましい思いで見ながら原稿を書いております。この時期に半袖でゴルフができるなんて。そんな無いものねだりをしてはいけません。熊本でも寒さ対策をしっかりして、今年もゴルフを楽しんでいきたいと思います。
 外に出たくない方は、室内でもできる練習がありますので紹介したいと思います。
 

腕のローテーションとプレーンの考え

  

   

 バドミントンのラケットを握り、写真@のようにソファーに浅く座ります。水平に振り、腕のローテーションを覚えます。胸の真正面でピュッとスピード良く振れるようになることがゴールです。

 写真Aのトップでは、左手の甲はまっすぐと水平、ラケット面も水平です。右腕は柔らかく左腕の下側に畳みます。左肩が上がらないよう注意しましょう。

 写真Bのダウンスウィングは、ラケット面が水平のままグリップエンドをリードさせて一気に写真Cのフォローまでひっくり返します。その時、右手の甲がまっすぐに、ラケット面はまた水平です。右肩が上がらないように注意します。

 写真Dのフィニッシュでは、左肘が下を向くように左腕を柔らかく畳み、左手首は甲側に折れ、もちろん右手の甲はまっすぐ水平になるように収めます。この水平面が斜めに立ったのが理想のスウィングプレーンです。
 テーブルのご馳走などをひっくり返したりしないよう、室内でもマナー良く練習してみてください。


843号 2017年2月19日

(16)松山英樹プロ PGAツアー4勝目

 先日アメリカで開催されたフェニックスオープンで、松山プロが見事に連覇を達成しました。おめでとうございます。
 昨年もここに、リッキー・ファウラーとの激闘を取り上げましたが、今年もまたまたプレーオフの4ホール目で決着をつけ、日本人男子最多のPGAツアー4勝を成し遂げました。
 今年の4月に行われるメジャー第一戦マスターズがすごく楽しみです。

◆ゴルフで暴かれる?
 ところで、アメリカでゴルフといえば、今話題はトランプ大統領と安倍首相とのゴルフ外交です。大統領は「人を知るにはランチよりゴルフの方がいい」と言っていました。昔からよく言われてきましたが、私もそう思い、時々ジュニア生にこう問いかけます。

「どういう人と回りたくない?」

 プレーの遅い人。マナーの悪い人。スコアをごまかす人。ボールを一緒に探してくれない人。スタート時間ギリギリに来る人。コースの修復に努めない人。ルールを守らない人。人の失敗を喜ぶ人。失敗したらコースにあたったり機嫌が悪くなる人などなど。
 ゴルフには、自分のことしか考えていない、嘘をつく、困っている人を助けない、約束を守らない、ゴミを散らす、規則を守らない、不幸な人を笑う、失敗を人のせいにするなど、そういう人間性を暴く能力があるのかもしれません。
 「あの人とまた回りたい」と思ってもらえるようなゴルファーでありたいですね。あっ、そういえば最近お誘いがなくなっている(汗)。

椅子に座ってスウィングする椅子ドリル 徐々に腰を上げていきます

 腕振り、スウィングプレーンが良くなり、ヘッドスピードが上がる練習ドリル。腕振りが大事ですので、今回も同じようなドリル。Have a good one !


847号 2017年3月19日

(17)宮里道場へ

 3月6日、JLPGA第一戦ダイキンオーキッドレディスが終わった翌日の月曜日、沖縄県名護市にある大北ゴルフ練習場の宮里道場を訪ねました。

 久しぶりにお会いする宮里 優先生は、元気はつらつで、最近では4時間ほど練習する日もあるらしく、本当にとても驚きました。かつて私はそこで4年間、レッスンの「いろは」を学んでおり、2〜3週間に一度回るラウンドの前に5〜6球打って終わりというのが、以前の先生の姿であり、それをお手本にしている私でありましたが、これは改めなければいけません。

 

 
 ところで今回、宮里先生のジュニアレッスンも久しぶりに拝見することができました。小学生には笑いが多く、プロテスト前の生徒には、一つ一つ丁寧に指導をされていました。また、いつもの「最高(さ〜いこ〜)!」の声も聞け、とても懐かしかったです。
 また、私自身の子どもへの時々厳しすぎる指導の話題になったときは、「そうだよね。他人の子どもとの間には一枚壁があって冷静になれるが、自分の子どもにはその壁はないもんな。でも、自分でやってもゴルフは思い通りにならんだろ。焦らずじっくり教えてやんないとな」と、優作プロがまだ小さかった頃のエピソードを交え、アドバイスをいただきました。
 いつか近い将来、宮里三兄妹とうちのジュニアたちが戦えるようになって、ご恩に報いたいと思います。


 
 宮里先生から「村松〜、これがいいよ」といただいたのがM.magic(写真)。グリップに装着し、小鳥を包むような柔らかいグリップを体感できます。ヘッドを走らせるためには柔らかいグリップが必要です。
  グリップにタオルをクルクル巻きつけてもできます。短いクラブで、アプローチ〜ハーフスウィングでやってみましょう。遅れてきたヘッドをタイミングよく先に行かせるようになってきます。
  なんくるないさー
(正しいことをしていれば必ず良いことがある、報われるというのが本来の意味)

 
 
 
 
総集編へ戻る