かいご太郎

 


1026号 2022年1月30日

(1)ポジティブ 介護ものがたり

 皆さん初めまして。私は日本中の介護の疑問を解決すべく日々駆け回る、かいご太郎と申します。これから数回にわたり、私が実際に見聞きしてきた様々な介護問題のうちいくつかを皆さんにご紹介してまいります。
 たとえば読者の方に『小さな子どもを2人抱えていて60代後半の両親がいる』という方はいませんか?そういった方は、ご両親の介護にお金が必要な時期と子どもの進学にお金が必要になる時期が被ってしまうという可能性があります。『最近物忘れが多くなり認知症が気になる』という方はいませんか?『子どもの負担になりたくないから安い金額で面倒を診てもらえる介護施設を知りたい』という方もいるかもしれません。このコラムでは難しい言葉をなるべく使わず、自分や家族が介護状態になったときに必要なことをできるだけ詳しくお伝えしてまいります。
 今は若い自分にも、将来は必ずと言っていいほど介護状態は訪れます。平均寿命はおよそ85歳。そしてそれまでに介護状態になる人の数は何と60%を超える『超高齢化』を迎えた日本。大型の台風が接近したときに食料や懐中電灯を準備するように、来ないかもしれないけれども来た時に困らないように介護の準備をしておいた方がいいかもしれない。このコラムを読んだ何人かの方がそう思っていただけると幸いです。
 ポジティブ介護ものがたり。どうぞよろしくお願いいたします。

  

総集編へ戻る