保護司会菊陽支部長 熊谷 和信   


1028号 2022年2月27日

(1)保護司という存在知っていますか?


菊陽町の保護司と菊陽町役場総務係長と主事。

 皆さんこんにちは。今回ワンネスさんのご好意により、初めて寄稿させていただくことになりました。大変嬉しく思っています。
 さて、皆さんは「保護司」と聞いてどんなことを思い浮かべますか。案外知っておられる方は少ないのではないでしょうか。
 保護司は、犯罪や非行した人の立ち直りを支援・指導するボランティアです。菊陽町には、現在8名の保護司が地域の安全・安心を願って、菊陽町役場総務課と連携しながら活動しています。
 保護司は、犯罪をした人や非行のある少年に寄り添い、善良な社会人として更生することを助ける役割を担っているのです。犯罪や非行が生まれるのは地域社会です。立ち直る場所もまた地域社会です。犯罪から立ち直るには、彼らが過去と真摯に向き合い努力することは当たり前ですが、地域社会として彼らに「居場所」を与えることも必要なのです。立ち直りを支える方法は種々です。何ができるか皆さんと次回から一緒に考えていきたいと思います。