自家焙煎珈琲 しゃらん   ◆ホームページ


853号 2017年4月30日

(1)自家焙煎珈琲 しゃらん

  

 光の森で自家焙煎珈琲屋を営んでいる舩元と申します。私の知識で、皆さんに美味しく珈琲を飲んでいただきたい・・・との思いで書きました。

「コーヒー発見伝説」

 コーヒーの発見についてですが、発見伝説はいくつもあります。今回はエチオピア説をお話ししましょう。

 ある日、放し飼いにしていたヤギたちが、夜になっても元気に飛び回っている姿にヤギ飼いのカルディが驚いた。その様子を観察していると、ヤギたちがみな「赤い木の実」を食べているのに気付いた。そこでカルディ少年も勇気を振り絞って試しにその実を口にした。するとどうだ、全身に活力がみなぎってきたではないか。この赤い木の実をみつけた少年こそが、カルディ。この「赤い木の実」こそがまさしくコーヒー豆だった。 
 これに驚いたカルディは、修道士のもとに駆けつけ奇跡を告げた。カルディの話を聞いた修道士は、その実があれば、夜の長い祈りを襲う睡魔にも打ち勝つことができるのではないかと考え、その実を口にした。後に、修道士たちの修行の“秘薬”として使われ、世界に広まっていったという話である。

 「カルディ」? 皆さんもどこかで聞いたことがありませんか(笑)

  「ブラジル」

 甘味、すこやかな酸味、まろやかな口あたりが特徴です。飲み易いコーヒーです。お店では、日系人トミオ・フクダ氏の農園の生豆を焙煎してます。

自家焙煎珈琲 しゃらん
菊陽町光の森7丁目17−5
電話096−202−6793  ◆ホームページ


856号 2017年5月28日

(2)コーヒーの日本での伝わり方

 日本で最初にコーヒーを口にしたのは、織田信長であるとか、豊臣秀吉であるといった説もあります。
 記録に残っているのは、江戸時代末期、長崎出島で当時の貿易に関係した人が飲み始めたのが最初という説が、より一般的だそうです。そして、その出島に持ち込まれたヨーロッパの医学書の中に、コーヒーの効用が書かれていたということです。ここで、コーヒーの歴史を年表にしてみましょう。

◆1609年(慶長14年)
 平戸に和欄商館が開設され、コーヒーが伝えられたと言われている。
◆1804年(文化1年)
 日本人として初めてコーヒーを飲んだ体験を太田蜀山人(しょくさんじん)がコーヒーは焦げ臭くて味わうにたえないと書いた。
◆1826年(文政9年)
 医師シーボルトが、コーヒーは長寿をもたらす良薬であると「薬品応手録」でコーヒーを勧めた。
◆1858年(安政5年)
 自由貿易が開始され、コーヒーも正式に輸入されるようになった。
◆1930年(昭和5年)
 東京のカフェは7000軒にものぼり、女給と呼ばれる人たちが働いていた
◆1936年(昭和11年)
 日本に初めてブルーマウンテンコーヒーがロンドン経由で輸入された
◆1961年(昭和36年)
 インスタントコーヒーの輸入が全面自由化になった
◆1983年(昭和58年)
 10月1日をコーヒーの日とし、キャンペーンが開始された

 現在の日本のコーヒーの消費量は世界第3位で、輸入量も30万tを超えています。今では、コーヒーは誰でも楽しめる、国民的飲料となっています。


           「グアテマラ」

 クリーンな喉ごしで後味スッキリ。甘さも感じられ、深煎りでチョコレートの風味があるコーヒーです。
生豆名:SHBスティゴールド