ワンネス 988号  2020/06/14発行

昔ながらの農具を展示
下津久礼区 前田さん

 

  

 下津久礼区の前田さん宅にある蔵には、昔ながらの農具が展示してあります。
 元治元年(1864)に建設された蔵が痛んだため、一昨年に大幅な修復をした際、昔使っていた農具が蔵の中から見つかりました。前田さんは「昔の農具は見たことがないだろうから、みんなに見てもらおう」と蔵の2階に、種まききやがんずめ、田打ち車、干歯、馬鍬(まが)などの農具が春から展示されています。
 また1階には、前田さんが地域の行事や小学校の門松作り、田植え、稲刈りの様子などを撮影したDVDが鑑賞できる施設もあります。


コロナ対策は万全に
菊陽町三里木町民センター

 菊陽町の各町民センターでは6月1日(月)から、コロナウイルス感染予防対策のため休講していた講座が徐々に再開されました。
 菊陽町三里木町民センター(阪本所長)では、講座の再開にあたって、来館時や帰宅時には、受講生に手の消毒をお願いしています。マスクを忘れた方には、センター職員手作りのマスクを配布。また、ロビーや教室は密にならないように一席ずつ間隔をあけて座るなどの対策も行っています。
 阪本所長は「6月から講座の再開にあたってコロナ対策としてマスク着用をお願いしています。忘れられた方には必要に応じて手作りマスクをお渡しして、同町社会福祉協議会への募金をお願いしています。一日も早く普通の生活に戻れたら良いですね」と話されました。

 

 



(192)肩のストレッチ

   

 お尻のところで手を合わせて立ちます。写真@のように手のひらが離れないように息を吐きながら少しずつ上げていきます。この時、肘と手首が一直線になるようにします。息を吐き終わったら吸いながらおろしていきます。このストレッチを3回行ってください。

 体の前面で肘から手先まで付けます(写真A)。息を吐きながら手が離れないようにゆっくり上へあげていきます。できる方は肘とあごの高さが同じになるまであげてください。息を吐き終わったら吸いながら肘をおろします。このストレッチを3回行ってください。

 肩甲骨を大いに動かすことで、運動不足解消や猫背予防にもなります。簡単にできますので行ってみてください。


  杉並台区 田中 悠

(6)パエリア風レモンライス

 皆様こんにちは♪日差しが強く汗ばむ季節がやってきましたね。
 今回はフライパンで簡単に作れる、さっぱりレモン風味のパエリア風ライスをご紹介します。

簡単!パエリア風レモンライス

【材料】(2人分)(調理目安時間★15分)
ご飯(硬めに炊いたもの) 300g / 赤パプリカ 20g / 人参20g
黄パプリカ 20g / タマネギ  20g / ソーセージ 4本 / レモン 1個
バター(マーガリン) 20g / おろしニンニク 10g / めんつゆ(4倍希釈) 40t
カレー粉 お好みで / パセリ  お好みで

【作り方】
@赤・黄パプリカ、人参、タマネギ、ソーセージはみじん切りにする
Aレモンを3枚輪切りにし、残りは絞る
Bフライパンにバター、おろしニンニクを入れ、香りが出たらみじん切りにした@も入れて炒める
Cご飯を加えて炒め、全体に混ざったら、めんつゆ、カレ―粉を入れて更に炒める
D火を止め、レモンスライス、パセリを乗せ、フライパンを置いたまま再び1分程加熱し、底におこげを作る
Eお好みの量のレモン汁を振りかけて出来上がり
 フライパンごと食卓にどうぞ♪

 

★Instagramで料理の写真公開しています。レシピのリクエストも受け付けています。★

Instagram ⇒ https://www.instagram.com/nekodemotsukureru


  パソコンサポート 高畑圭輔

(86)情報漏洩に関する対策

 コロナウイルスの流行により、リモートワークのセキュリティについて質問を受ける事が増えてきました。「個人の家で業務を行わせて顧客情報が漏洩しないか?」といった内容のものです。リモートワークを導入する前に情報漏洩対策を施してあるかを確認しましょう。
 まず基本的な事として「アクセスコントロール」といい、必要な人だけが必要な情報にアクセスできるように管理する事です。これはコンピュータ上もそうですが書類の類も同様に鍵付きのロッカーに施錠して開錠した際には記録を残す」などが必要です。
 次は情報を持ち出せないようにすることです。USBフラッシュメモリのような持ち運び可能な記録媒体の使用を制限する必要があります。これは「パソコンの設定やソフトを使って使えなくする。USBポートがないパソコンを使用する。プリンターを使用できるユーザーを制限する」などです。他にも対策は様々ありますが、書き出すときりがないのでこれくらいにしておきます。
 気を付けておかないといけないのは「技術的な対策だけでは情報漏洩は防げない」ということです。例えば、データをコピーできないように対策をしても、画面を個人のスマホで撮影してしまえば簡単に持ち出せます。印刷ができなくても、印刷されたものをコピーされては意味がありません。これはリモートワークでも通常の事務所でも全く同じことです。それらの技術的に回避が困難な状況については、就業規則や雇用契約書に罰則規定を設けるなどで対処する必要があります。また、セキュリティと利便性はトレードオフの関係にあり、やりすぎは業務効率の低下を招きます。また、情報漏洩が発生した場合の被害を試算して、対策費用と見合わなければあえてそのままにしておく、という考え方もあります(リスク保有といいます)。完璧なセキュリティ対策は存在せず、やりすぎはよくない、となかなか難しい注文かもしれませんが、自社に適したセキュリティ対策を心がけて実施していきましょう。


  矢原正治

(158)セッコク ラン科

 梅雨に入り、ジメジメし、細菌(微生物)が増えますので、食中毒に気を付けてください。心身のバランスを崩し、免疫力を落とさないように!
 今月は、5月中旬から、私の庭で花が咲いている「セッコク」です。根元を水苔で巻き、庭の木(トキワマンサク)にくっ付けています。水もやらないのに、毎年花を咲かせてくれます。
 花が咲く前の全草を日干しにしたものを、石斛(セッコク)といい、健胃、解熱、消炎、強壮・強精を目的に用いられます。中国では、薬用人参と並び、強壮・強精に今でも珍重されています。
 中国の古書『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』の上品に収載された生薬(しょうやく)で「味は甘・平。中傷(身体の中心部が弱る)を主治し、痺を除き、気を下し、五臓の虚労による羸痩(るいそう、衰えやせる)を補い、陰を強くする。 久しく服すれば腸胃を厚くし(普通に近づけ)身を軽くし、年を延ばす」と記載され、古来虚弱体質者の強壮を目的に用いられてきました。野生品種が乱獲され、ワシントン条約での規制に石斛も含めています。他に、動物生薬の麝香(じゃこう)、熊胆(ゆうたん 熊の胆のう)、虎骨(ココツ 虎の骨)、犀角(サイカク サイの角)、羚羊角(レイヨウカク ウシ科サイガ属 カモシカの角)が国際取引禁止となっていますので、石斛は、栽培種が生薬として流通しています。
 阿蘇・脊梁などに野生する植物・昆虫などをむやみに採取しないようにしましょう。
 新型コロナの緊急事態宣言が全国で解除になりましたが、自分は大丈夫だと思い込まず、これまで通り、十分に気を付け罹らないように注意して下さい。これから蒸し暑くなり、胃腸を弱らせる方が増え、免疫力が落ちてくる人がいます。心身のバランスを普通に保ち、免疫力を落とさないようご自愛下さい。ラオスからの留学生が言っていましたが「室温の飲み物を飲む。胃腸を普通に保つには、冷たい飲食物を取り過ぎない。辛いモノ等、香辛料を取り過ぎない」など、胃腸を十二分にいたわって下さい。秋から冬に新型コロナウイルスの波状攻撃が来る可能性があるとき、夏バテし胃腸を弱らせて免疫力を落とさないで、免疫力をアップして、三密を避け、乗り切って下さい。皆様のご健康と、楽しい生活をお祈りします。
 笑いは免疫力を上げる笑薬(しょうやく)。笑いを忘れず、楽しいことや嬉しいことを増やし免疫力を上げて下さい。
 胃は車に例えるとエンジンです。チューンアップをお忘れなく!!


  グァバの花

 花言葉は「強健」ビタミンCたっぷりのトロピカルフルーツ「グァバ」の花です。花は4〜5月頃咲き、果実は6〜10月頃収穫され、生食のほかに、ジュースやジャム、デザートに使われます。葉はグァバ茶として健康に良いお茶として知られています。

撮影 大和さん(大堀木区)


  ユリの花

  

 ユリ科の球根植物で、花期は5〜8月。白やピンク、黄色などの香りの強い大ぶりの花を咲かせます。
 世界にユリの原種は約100種ありますが、日本には、ヤマユリ、カノコユリ、オトメユリ、テッポウユリなど15種類が自生種です。また、園芸用に品種改良され、花も種類も豊富です。